次回レース情報

大会名称

  • 富士チャンピオンレースシリーズ 第1戦

開催日

2021年4月10日

開催レース

2021年4月10日(土) 富士チャンピオンレースシリーズ 第1戦


    開催レース紹介

    86&BRZ / Fuji 86BRZ Challenge Cup

    86&BRZ
    トヨタ86(ZN6)とスバルBRZ(ZC6)のJAF N1車両規定によるレース。最低重量は1110㎏。
    Fuji 86BRZ Challenge Cup
    ナンバー付の86/BRZによるレース。「チューニングカー」をコンセプトに、車両の改造度合やドライバーの技量に応じて4つのクラスに分けられる。

    TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race

    19_Vitz_1.JPG 19_Vitz_4.JPG 19_Vitz_3.JPG

    2000年に日本初のJAF公認ナンバー付き車両によるワンメイクレースとしてスタートし、2019年には開催20年目を迎えた歴史の長いレース。
    多いときには1大会のエントリーが80台を超えるなど、今も根強い人気をもっており、2019年は延べ参加台数681台を記録した。
    2020年も、北海道・東北・関東・関西・西日本の5地区7サーキットで全17戦と特別戦を開催する。
    上位クラスのワンメイクレースでプロへの登竜門とされる86/BRZレースに勝るとも劣らないエントリー数を誇る人気レースである。
    多額の費用をかけて車両の改造をしたり、多くのスポンサーやメカニックを揃える必要がなく、気軽に楽しむことができるレース。
    2021年からは、Yaris Cupとして新しいシリーズがスタートする予定。

    シルビア・アルテッツァ/NA1600/MR2/AE86/AE111/ロードスター N1

    s-silvia_edited-1.jpg s-altezza.jpg NA1600.JPG
    MR2.JPG AE86.JPG AE111.JPG
    RS_N1.JPG

    シルビア・アルテッツァ
    シルビアはSR20DEまたはSR20DETエンジンを搭載したS13~S15型車両、アルテッツァは3S-GEエンジンを搭載した車両をベースに、それぞれJAF N1車両規定で行われる。シルビアの最低重量は1000kg(PS13, KPS13) ~ 1060kg (S15)、アルテッツァの最低重量は1120kgとなっている。
    NA1600
    1600CCのレシプロエンジンで、キャブレター仕様が義務付けられる。スリックタイヤが使用可能で、最低重量は830㎏となっている。
    MR2
    SW20型のNA車両で行われるレース。最低重量は990㎏。
    AE86
    JAF登録のAE86型レビン/トレノで行われるレース。最低重量は810㎏。
    AE111
    AE111型レビン/トレノで行われるレース。最低重量は870㎏。
    ロードスター N1
    マツダロードスター(NA6、ND5型)をベースにしたJAF N1車両規定のレーシングカーで、一般公道の走行は不可。
    最低重量は840kg(NA6)、910kg(ND5)。

    インタープロトシリーズ POWERD BY KeePer/CCS-R

    s-IPS.jpg s-IPS3.jpg s-CCSR.jpg

    インタープロトシリーズ POWERD BY KeePer
    日本レース界のレジェンド関谷正徳によって2013年に立ち上げられたシリーズ。
    特徴としては、プロとジェントルマンがマシンをシェアし争われる。
    競技に使用される車両「kuruma」は、カーボンモノコックとパイプフレームによるハイブリッド構造の専用設計シャシーに、
    トヨタ製3,950cc/V6エンジンを搭載した国産レーシングカーで、複雑な電子制御や空力を搭載せず、ドライバーの繊細なマシンコントロールで勝敗が決まる。
    CCS-R
    レクサスISFのサーキット専用仕様CCS-R(サーキットクラブスポーツ-レーサー)で行われるレース。
    こちらのレースもインタープロト同様プロ/ジェントルマンでマシンをシェアし行われる。

    KYOJO CUP SUPPORTED BY MuseePlatinum

    s-KYOJO.jpg s-KYOJO2.jpg s-KYOJO3.jpg

    KYOJO CUP SUPPORTED BY MuseePlatinum
    プロレーサーを目指す女性にスポットを当て、2017年よりスタートした世界初、女性のみが参加できるレースシリーズ。
    使用される車両はFCR-VITAと同様、ウェストレーシングカーズ社製レーシングカー「VITA-01」。

    FCR-VITA

    s-VITA-2.jpg VITA.JPG VITA-2.JPG

    FCR-VITA
    ウエストレーシングカーズ製ボディにVitz用のエンジンとトランスミッションを搭載した、本格的なレーシングカーで行われるレース。

    FCR-Vitz

    FCR-Vitz
    Netz Cup Vitz Race車両を使用した新シリーズが開幕!!
    車両規則は一切変更していないので、従来の参戦車両でそのまま参加いただけます。


    富士チャンピオンレースに関するお問い合わせ

    富士スピードウェイ株式会社 レース事業部レース事業課

    スパムメール対策のため、*を@に変更してお送りください。