次回レース情報

 注: 記載内容は掲載時の情報です。 今後変更される場合がございますのでご了承ください。

大会名称

  • 2021インタープロトシリーズ第4大会 富士チャンピオンレース 第5戦

開催日

2021年12月11日(土) ~ 12日(日)
12月11日 (土)12月12日 (日)
ゲートオープン(入退場口:東ゲート) 6:00

入場料

大人(18歳以上) 1,100円



2,200円

JAF会員・SD・ゴールド免許割引 1,000円
高校生 800円
チェカパス所持者 1,100円
中学生以下(保護者同伴に限る)

無料




FISCOライセンス保持者
FISCOクラブ会員
地元小山町、御殿場市、裾野市
在住・在勤・在学者
駐車料金

無料

場内の開いている駐車場をご利用ください。
(パドック内に駐車はできませんので、ご了承ください。

※ パドックフリーとなっています。(一部規制がございます。)
※ 決勝レースのグリッドにはご入場頂けません。



開催レース

12月11日 (土) FCR-VITA 第5戦
N1500/N1400/N1000/デミオレース/AUDI A1 Fun Cup 第3戦
インタープロトシリーズ ジェントルマンクラス 第7戦
12月12日 (日) インタープロトシリーズ ジェントルマンクラス 第8戦
Toyota Gazoo Racing Yaris Cup 東日本シリーズ 第5戦
MINI Challenge Japan 第9戦
Toyota Gazoo Racing Yaris Cup Grand Final 富士
競争女子KYOJO CUP 第4戦
インタープロトシリーズ プロフェッショナルクラス 第7 & 8戦
MINI Challenge Japan 第10戦



    開催レース紹介

    インタープロトシリーズ POWERD BY KeePer / CCS-R / Supra

      

    日本レース界のレジェンド関谷正徳によって2013年に立ち上げられたシリーズ。

    このシリーズの特徴は、プロとジェントルマンが同じマシンをシェアし、クラスを分けてそれぞれのレースで競うこと。 プロフェッショナルクラスには、現役のSUPER GTに参戦中の野尻 智紀、ロニー・クインタレッリ、福住 仁嶺などトップクラスの選手達が参戦している。

    競技に使用される車両「kuruma」は、カーボンモノコックとパイプフレームによるハイブリッド構造の専用設計シャシーに、 トヨタ製3,950cc/V6エンジンを搭載した国産レーシングカーで、複雑な電子制御や空力を搭載せず、ドライバーの繊細なマシンコントロールで勝敗が決まる。


    CCS-R


    レクサスISFのサーキット専用仕様CCS-R(サーキットクラブスポーツ-レーサー)で行われるレース。
    このレースもインタープロト同様、プロとジェントルマンが同じマシンをシェアして行われる。

    Supra


    現在、世界中で人気のSupra GT4規格ベース車両によるレース。
    レースフォーマットはインタープロトと同様、プロとジェントルマンが同じマシンをシェアして行われる。

    KYOJO CUP SUPPORTED BY MuseePlatinum

     

    プロレーサーを目指す女性にスポットを当て、2017年よりスタートした世界初、女性のみが参加できるレースシリーズ。
    使用される車両はFCR-VITAと同様、ウェストレーシングカーズ社製レーシングカー「VITA-01」。

    ミニ・チャレンジ・ジャパン