次回レース情報

大会名称

  • 2019 富士チャンピオンレース第4戦

開催日

9月21日(土)東ゲート 6:00オープン 9月22日(日)東ゲート 6:00オープン

タイムスケジュール

開催レース

9月21日(土) ロードスターカップ 予選・決勝
86&BRZ/8Beat 予選・決勝
MINI CHALLENGE ASIA.JAPAN SERIES 予選・決勝
2019 全日本 EV-GP SERIES
9月22日(日) TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 関東シリーズ 予選・決勝
2019 F4 JAF 地方選手権 予選・決勝
SUPER FJ 予選・決勝
SILVIA・ALTEZZA/NA1600/MR2/AE86/AE111/ROADSTER N1 予選・決勝
Ladies No.1 Race Women's GT 予選・決勝

Super FJ

s-S-FJ.jpg s-S-FJ 2.jpg s-S-FJ 3.jpg

スーパーFJは、1980年にスタートしたFJ1600の後継カテゴリーとして、2007年より多くの国内主要サーキットで開催されている。
FJ1600には無かったウイングがついたことにより、初歩的な空力を学べると共に安全性が向上した。
日本のフォーミュラカーの入門カテゴリーとして、F4やF3へステップアップしていく手段となっている。
エンジンは約120馬力を発生するホンダ製L15Aエンジン、ミッションは戸田レーシング製5速ミッションを搭載し、最低重量はドライバーを含め495㎏と定められている。

ROADSTER CUP

RSC1.JPG RSC2.JPG RSC3.JPG

NA6、NA8、NB6、NB8に加えNC型とND型にはノーマルに近いチャレンジクラスと改造範囲が広いオープンクラスにクラス分けされる。
一般公道走行が可能なナンバー付き新旧ロードスター争われる。      
最低重量は型式によって異なり、930~1100㎏となる。

TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race

19_Vitz_1.JPG 19_Vitz_4.JPG 19_Vitz_3.JPG

2000年に日本初のJAF公認ナンバー付車両によるワンメイクレースとしてスタートし、全国で300戦以上開催された歴史あるシリーズ。
多額の費用をかけたマシンを改造や多くのスポンサー、メカニックを揃える必要がなく、気軽に楽しむことができるレースとなっている。

SILVIA・ALTEZZA/NA1600/MR2/AE86/AE111/ROADSTER N1

s-silvia_edited-1.jpg s-altezza.jpg NA1600.JPG
MR2.JPG AE86.JPG AE111.JPG
RS_N1.JPG

SILVIA・ALTEZZA
シルビアはSR20DEまたはSR20DETを搭載したS13~S15、アルテッツァは3S-GEを搭載した車両をベースに、それぞれN1規定で行われる。
NA1600
1600CCのレシプロエンジンで、キャブレター仕様が義務付けられる。スリックタイヤが使用可能で、最低重量は830㎏となっている。
MR2
SW20型のNA車両で行われるレース。最低重量は990㎏。
AE86
AE86型レビン/トレノで行われるレース。最低重量は810㎏。
AE111
AE111型レビン/トレノで行われるレース。最低重量は870㎏。
ROADSTER N1
マツダロードスターをベースにしたN1規定のレーシングカー。

86・BRZ/8Beat

s-8BEAT.jpg s-8BEAT1.jpg s-86BRZ N1.jpg

86・8Beat
トヨタ86(ZN6)とスバルBRZ(ZC6)のN1規定車両によるレース。最低重量は1110㎏。
2019年よりスリックタイヤと認定エアロパーツが使用できるようになった。
8Beat
ナンバー付の86/BRZによるレース。「チューニングカー」をコンセプトに、車両の改造度合やドライバーの技量に応じて4つのクラスに分けられる。

2019 F4 JAF 地方選手権

F4_1.JPG F4_2.JPG F4_3.JPG

JAF地方選手権F4シリーズは、1993年に誕生し、20有余年の歴史を誇る日本独自のレース。
2,000ccまでの多様なエンジンを搭載し、近年のレース車両のワンメイク化に対してセッティングの自由度が高く、チーム毎独自のマシンメイクが可能となっている。
ドライバー、メカニック、エンジニアの総合力で戦闘力を高めて戦う、モータースポーツ本来の姿を見ることができる。

2019 ALL JAPAN EV-GP SERIES

EVGP1.JPG EVGP2.JPG EVGP3.JPG

電気自動車(EV)によって争われる。
最新の燃料電池車やレンジエクステンダー車両の他にもオリジナル車両の参戦もあり、バラエティに富んだレースとなっている。      

Ladies No.1 Race Women's GT

WOMAN1.JPG WOMAN2.JPG WOMAN3.JPG

日本におけるWOMEN IN MOTORSPORTの牽引者、井原慶子氏がプロデュースしたレース。
女性のモータースポーツ参加促進を目的としている。
開催クラス
GT1クラス 2,000cc(86/BRZ、NCロードスター等)
GT2クラス 1,500~2,000cc未満(Vitz,NA,NB,NDロードスター)
GT3クラス 1,500CC未満(Vitz,DEMIO,AQUA,N-ONE)
GT4クラス 上記以外の車両

MINI CHALLENGE ASIA.JAPAN SERIES

MINI%201.JPG MINI%202.JPG MINI%203.JPG

英国で40台以上が参戦する人気シリーズ「MINI CHALLENGE」の日本シリーズ。
車両はFシリーズをベースに、シーケンシャルトランスミッションや3WAYレースダンパー、スリックタイヤを装着した本格レーシングカー。
約1,070㎏の軽量ボディに220psを発生するパワフルなエンジンを搭載し、カワイイ見た目とは裏腹に迫力のレースが展開されます。

入場料

開催日 9月21日(土) 東ゲート 6:00オープン
9月22日(日) 東ゲート 6:00オープン
入場料
当日ゲートにて
お支払いください。
前売り券の販売は
ございません。
9月21日(土)、9月22日(日) 両日とも
大人:1,000円
JAF会員証・ゴールド免許証・SDカード提示:900円
高校生:700円
中学生以下無料(保護者同伴に限る)
FISCOライセンス会員・ FISCOクラブ 会員:無料
地元小山町、御殿場市、裾野市に在住・在勤・在学の方や、保護者同伴の中学生以下は両日無料でご入場できます。
その他対象レース一覧

※パドックフリーとなっていますのでパドック内も上記の料金でご入場できます。(一部規制がございます)
駐車料金 無料
場内の空いている駐車場をご利用ください。
(パドック内は規制されます。競技エリアには駐車はできませんので、ご了承ください。)

アクセス

※御殿場駅、小田急新松田駅・開成駅からの臨時バスは運行いたしません。

・富士急行バス
 [御殿場駅~富士スピードウェイ(244上野線・25冨士霊園線)]
 [駿河小山駅~富士スピードウェイ(冨士霊園線)]

レースリザルト

富士チャンピオンレースに関するお問い合わせ

富士スピードウェイ株式会社 レース事業部レース事業課

スパムメール対策のため、*を@に変更してお送りください。