次回レース情報

大会名称

  • 2020 富士チャンピオンレースシリーズ第1戦
    インタープロトシリーズ POWERD BY KeePer 第1戦・第2戦

開催日

7月4日(土) ※無観客での開催となります。

開催レース

7月4日(土) FCR-VITA 予選・決勝
インタープロト ジェントルマン 第1戦、第2戦 予選・決勝
SILVIA・ALTEZZA/NA1600/MR2/AE86/AE111/ROADSTER N1 予選・決勝
KYOJO CUP 予選・決勝
インタープロトシリーズ プロフェッショナル 第1戦、第2戦 予選・決勝

タイムスケジュール

エントリーリスト

インタープロトシリーズ POWERD BY KeePer/CCS-R

s-IPS.jpg s-IPS3.jpg s-CCSR.jpg

インタープロトシリーズ POWERD BY KeePer
日本レース界のレジェンド関谷正徳によって2013年に立ち上げられたシリーズ。
特徴としては、プロとジェントルマンがマシンをシェアし争われる。
競技に使用される車両「kuruma」は、カーボンモノコックとパイプフレームによるハイブリッド構造の専用設計シャシーに、
トヨタ製3,950cc/V6エンジンを搭載した国産レーシングカーで、複雑な電子制御や空力を搭載せず、ドライバーの繊細なマシンコントロールで勝敗が決まる。
CCS-R
レクサスISFのサーキット専用仕様CCS-R(サーキットクラブスポーツ-レーサー)で行われるレース。
こちらのレースもインタープロト同様プロ/ジェントルマンでマシンをシェアし行われる。

FCR-VITA

s-VITA-2.jpg VITA.JPG VITA-2.JPG

FCR-VITA
ウエストレーシングカーズ製ボディにVitz用のエンジンとトランスミッションを搭載した、本格的なレーシングカーで行われるレース。

KYOJO CUP SUPPORTED BY MuseePlatinum

s-KYOJO.jpg s-KYOJO2.jpg s-KYOJO3.jpg

KYOJO CUP SUPPORTED BY MuseePlatinum
プロレーサーを目指す女性にスポットを当て、2017年よりスタートした世界初、女性のみが参加できるレースシリーズ。
使用される車両はFCR-VITAと同様、ウェストレーシングカーズ社製レーシングカー「VITA-01」。

SILVIA・ALTEZZA/NA1600/MR2/AE86/AE111/ROADSTER N1

s-silvia_edited-1.jpg s-altezza.jpg NA1600.JPG
MR2.JPG AE86.JPG AE111.JPG
RS_N1.JPG

SILVIA・ALTEZZA
シルビアはSR20DEまたはSR20DETを搭載したS13~S15、アルテッツァは3S-GEを搭載した車両をベースに、それぞれN1規定で行われる。
NA1600
1600CCのレシプロエンジンで、キャブレター仕様が義務付けられる。スリックタイヤが使用可能で、最低重量は830㎏となっている。
MR2
SW20型のNA車両で行われるレース。最低重量は990㎏。
AE86
AE86型レビン/トレノで行われるレース。最低重量は810㎏。
AE111
AE111型レビン/トレノで行われるレース。最低重量は870㎏。
ROADSTER N1
マツダロードスターをベースにしたN1規定のレーシングカー。


ご入場について

7月4日(土)開催のインタープロトシリーズ第1大会 / 富士チャンピオンレース第1戦は、新型コロナウイルス感染リスク低減の観点から、 無観客での開催 となります。
ご観戦を楽しみにされていたお客様ならびに関係者の皆様におかれましては、大変申し訳ないことと存じますが、状況ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

※小山町、御殿場市、裾野市に在住・在勤・在学の方も、ご入場いただくことができませんので、予めご了承ください。

レースリザルト

富士チャンピオンレースに関するお問い合わせ

富士スピードウェイ株式会社 レース事業部レース事業課

スパムメール対策のため、*を@に変更してお送りください。