カテゴリー

DTM x SUPER GT ホッケンハイム/富士ドリームレース

皆さん、こんにちは、

ろにチェカです。

ホッケンハイムから日本に戻ってきました。

思った以上にとても大変な週末でした。

けれど、とても良い経験でもありました。

1.jpg

DTMの皆さんからの出迎えです。

素晴らしかったです!!

2.jpg

そして、私たちSUPER GT勢のパドックに、この大型ボードも用意されました!!

3.jpg

一応、ニスモチームの二人と記念写真を撮りました。。(笑笑)。

4.jpg

ホッケンハイム戦ver.の35号車です。

5.jpg

日本戦と同じく、ホッケンハイム戦に向けてもリヤウィングの翼端板のカラーリングが用意されました。

6.jpg

最終戦のもてぎ、そして11月末の交流戦の翼端板も楽しみですね!!

7.jpg

金曜日の朝に行われた記者会見です。

SUPER GTドライバー5人で行いました。

8.jpg

ドイツで私たちが泊まったホテルです。

9.jpg

とても良いホテルで、スポーツジムもありました。

体のコンディションをキープするために、とても役立ちました。

10.jpg

ホッケンハイム用のヘルメットです。

11.jpg

オントラックです。

2年前はタイヤ含め、丸々SUPER GTのパッケージでホッケンハイムでデモランが行われました。

今回は、DTMのレギュレーションに色々と合わせたことで、2年前のように気持ちよく走れなかったです。

1台に二人で乗ったため、練習時間はかなり少なくて、天候の変化も激しく、

なかなか上手くいかなかったです。

12.jpg

鈴木監督とクルムさんと一緒に。

3人とも真剣な表情です。。

13.jpg

ホッケンハイムでは僕が第2レースの担当でした。

日曜日の朝にウェット路面で予選をやって、午後に決勝がありました。

14.jpg

現地のレポーターからの取材。

15.jpg

レース中のコースコンディションは大雨でした。

短期間で、ワンスペックコンパウンドのハンコックタイヤに、車のセッティング、ドライビング、

作戦が合わせられなくて、とても大変なレースでした。

今度、SUPER GTのウェットタイヤで走る時は、

きっとビックリするぐらいのグリップを感じると思います。。(笑笑)。

16.jpg

今回は、イタリアから家族と友人達が応援に来てくれました。

17.jpg

SUPER GTのレースはいつもTVでしかで見ていないので、

今回初めて生のGTマシンなどを見れて、とても喜んでくれました。

18.jpg

僕のお母さんも、初めて僕のSUPER GTの車でのレースを見ました。

興奮して、しばらく寝れなかったみたいです。。

日本、そしてイタリアから来てくれた皆さん、応援ありがとうございました。

一生懸命でやりましたが、期待に答えられなくてすみませんでした。

11月末の富士交流戦の時は、DTMの皆さんにGT-Rの速さを見せたいです。

今季初V

こんにちはー!

平チェカです!!

皆さん報告が遅くなってすいません!

03.jpg

平チェカ先週のSUPER GT 第7戦SUGOにて勝ちました!

02.jpg

日産に移籍して初の表彰台が優勝、そしてGT-R今季初V、チーム設立初V

01.jpg

色々な初物が重なり、最高の瞬間をチームと迎えられて本当に嬉しかったです!

今シーズンも残すところ最終戦のみになりました。

3号車はチャンピオンシップには絡めないのですが、最終戦も全力で攻めて連続表彰台目指して頑張ります!

04.jpg

さて、来週はWECがFSWにやって来ます!

そしてレース中にトークショーが行われますので是非お楽しみに!

また来週FSWで会いましょう!

写真提供 田村 翔

SUPER GT第7戦SUGO/DTMホッケンハイム

皆さん、こんにちは、

ろにチェカです。

先週末、宮城県のSUGOサーキットでSUPER GT第7戦が開催しました。

スタートは大変だったけど・・・決勝では3位表彰台で、よいフェーリングで自宅に戻ることができました。

1.jpg

今回もニスモチームのスタッフがとても良い車を仕上げてくれました。

ありがとうございました。

2.jpg

次チェカ、ろにチェカ、23号車ドライバーの二人です。

3.jpg

ここ数年、SUGOでは良い結果を残すことができませんでした。

今シーズンはSUGO戦が第7戦になったことによって、

ウェイトハンデが各車両のポイントランキングと同じになりました。

SUGO戦ではウェイトハンデの影響があまりない状況で戦うことになったので、

私たちにとっては良い結果を出すためのとても大事な1戦でした。

4.jpg

今シーズンはウェットレースが多いです。

SUGOでは、フォーメーションラップの直前に雨が降り出してきました。

5.jpg

10位スタートの私たちにとって、追い上げるためにはウェット路面の方が良かったです。

6.jpg

大変なレースの中、3位まで追い上げることができました。

今回は作戦含めて、うまくいきました。

7.jpg

表彰式です。

久しぶりに日産が優勝ができました!!

そして、チェカ3人が表彰台にのってます!!

3号車の皆さん、平チェカ、優勝おめでとうございます!!

8.jpg

シャンパンファイトです。

この3位のおかげで、最終戦もてぎでチャンピオン争いの権利がわずかですが残っています。

最終戦に向けて、しっかりと準備をして、

とにかくポールポジションとWinを目指して思いっきり頑張りたいと思います!!

9.jpg

あ。。これは僕のSUGO戦の週末のスタートです。。

恥ずかしい話なので、誰にも言わないでください。。(笑笑)。

実は今回、愛車でSUGOに行きました。

仙台に着いて、ガソリンスタンドで給油をしました。

スタンドがとても混んでいたので、空いてるレーンに入りました。。

そこはまさかの・・灯油のレーンでした。。

「灯油」の漢字が読めなくて、気づかずに満タンにしてしまいました。。

店員さんが気づいてくれたことによって、エンジンをかけずに済みました。

すぐにJAFさんに電話しました。

つづき。。。

10.jpg

JAFの素晴らしいサービスのおかげで、近くの日産ディーラーに車を運んでくれました。

そして、大変なことの中でとてもラッキーなこともありました。

たまたまガソリンスタンドでSUPER GTのファンがいて、

僕のことに気づいてくれて、サポートをしてくれました。

日産ディーラーに車を運んだ後、その方が僕をSUGOサーキットまで送ってくれました。

本当に感謝でいっぱいです!!

11.jpg

決勝後、日曜日の夜です。

次生選手がレンタカーで仙台の日産ディーラーに送ってくれてました。

愛車の準備はバッチリでした。

12.jpg

日産プリンス宮城の素晴らしい協力のおかげで、二日間で僕のスカイラインが直りました!!

ディーラーの皆さん、本当にありがとうございました。

13.jpg

さて、次のチャレンジはドイツのDTMの最終戦です!!

来週の10月5日・6日に、ホッケンハイムサーキットでDTM最終戦に出ます。

日本からニスモチームで行って、次生選手とSUPER GTの車で、DTMの3メーカー、

SUPER GTのLEXUS1台、HONDA1台と争います!!

日本代表の一人のドライバーとして、頑張って良い結果を残したいです。

日本ではJSportsで生中継を放送するので、応援よろしくお願いします。

部活動

こんにちは!GTカート部・部活動皆勤賞の平チェカです!

001.jpg

ここんところ雨予報が続いて、部長判断で前日キャンセル当日晴れという日が続いて、部員が全く揃いません…

002.jpg

今中さんは毎回参加で、この間も二人で良いトレーニングが出来ました!

003.jpg

今週末はいよいよSUPER GT SUGO戦です!

今週末こそGT-Rの速さを結果に繋げられるように頑張ります!

インタープロトシリーズ/アンソニー・フーバート選手

皆さん、こんにちは、

ろにチェカです。

先週末は富士スピードウェイでインタープロトシリーズの第3−4戦が開催しました。

昨シーズンの最終戦いらいの参戦でした。

1.jpg

インタープロトシリーズのマシンです。

カーボンモノコックで本物のレーシングカーです!!

2.jpg

今シーズン、インタープロトシリーズで使ってるアライ・ヘルメットです。

3.jpg

塗装色はSideWindersさんからです。

4.jpg

マシンのカラーリングに合わせた色です。

5.jpg

今シーズンも素晴らしいメンバーが参戦しています。

6.jpg

チームメイトの渡邊さんとのツーショットです。

7.jpg

予選のマシントラブルで決勝は最後尾スタートになりました。

第1レースは8位、第2レースが6位という結果になりました。

8.jpg

インタープロトシリーズのYouTubeチャンネルが出来たので、ぜひこちらからレースをご覧下さい。

今回もたくさんのファンが応援に来てくれました。

ありがとうございました。

9.jpg

10.jpg

決勝日の朝、起きたらとても衝撃的なニュースがありました。

ヨーロッパのフォーミュラ2のレース中、22歳のドライバーがクラッシュで亡くなりました。

アンソニー・フーバート選手のことは知らないと思っていたのですが、友人のフェイスブックを見たら、この写真を発見しました。

2012年の鈴鹿南コースのワールドカップの時の写真です。

その時は僕もレースを観に行った記憶があって、友人のフェイスブックのポストのおかげでアンソニー選手のことを思い出しました。

同じレーシングドライバーとして、このようなことが起きて涙が出ます。

今の時代、モータースポーツはとても安全なスポーツになってきたけれど、1つのドライビングミスや悪いタイミングに巻き込まれたら、まだまだ危ない部分はもちろんあります。

悪いタイミングに巻き込まれることは、他のスポーツにも、日常生活にもあります。

人生は一度しかないので、皆さん気をつけて、そして毎日を大切にしましょう。

アンソニー選手のご冥福を心からお祈りします。

カテゴリー

2019年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

投稿者一覧

富士スピードウェイの
最新情報をゲットしよう!