カテゴリー

KARTING EXGEL OK CHAMP

皆さん、こんにちは、

ろにチェカです。

先週末、カートEXGEL OK CHAMPの第2大会が開催されました。

カート界の最高峰クラスであるOKクラスに参戦しました。

国内トップクラスの若手ドライバーと戦って、今回は彼らとしっかりバトルができました。

久しぶりに自分が納得できる走りができて、嬉しかったです。

1.jpg
チーム高木プランニングが用意してくれたOKクラスのマシンです。

シャシー:EXPRIT (トニーカートグループ)

エンジン:TMRacing

2.jpg
イタリアのアルパインスターズが用意してくれたレーシングスーツです。

最新モデルで着心地がとてもよかったです。

3.jpg
参加ドライバーです。

今の時代の若手たちは4〜6歳頃からカートを乗り始めていて、14〜15歳になるとOKのトップクラスに上がります。

その年齢でみんな本当に速いです。

自分に合うセッティングやスーパーアグレッシブで挑まないとと、彼らとは全く戦えません。

僕は大きいチャレンジが好きなので、自分のモチベーションとレベルをさらに上げるためにこのレースに挑戦しました。

4.jpg
EXGELさんの小川代表です。

彼はカートが大好きで、子供達がモータースポーツに興味を持ってもらうために、モータースポーツの原点であるカート界をものすごく大切にしています。

本当に素晴らしいです。

5.jpg
いよいよコースインです。。

6.jpg
TripleKさんのスペシャルスプロケットとスプロケットハブです。

7.jpg
そしてハンドルのスペシャルなハブです。

8.jpg
KETechnology、イタリア製のラジエーターです。

9.jpg
カートエンジンも水温にとても敏感で、この高いクオリティのラジエーターがあれば、エンジンのベストパフォーマンスを保てます。

1231.jpg
プロジェクト・ミューさんのブレーキパッドです。

今回は初めてプロジェクト・ミューさんのパッドを使って、開幕戦で起きたオーバーヒートのトラブルを改善できました。

ブレーキタッチのフィーリングもとても良かったです。

プロジェクト・ミューの皆さん、色々フォローしていただき、ありがとうございました。

11.jpg
決勝までのイベントです。

12.jpg
そしてYouTubeライブストリーミングとの取材。

13.jpg
レース1は12位スタートして、9位でチェッカーを受けました。

最終ラップまで激しいバトルでした。

14.jpg
第2レースは10位からスタートして、7位でチェッカーを受けました。

2002年シーズン以来、カートのトップカテゴリーでトップ10でフィニッシュができました。

20年ぶりですね。

8月の最終戦でさらに、レベルを上げて表彰台に乗りたいです。

15.jpg
レース後の重量チェックです。

16.jpg
そして簡単なデータですが、第1レースのフィジカルデータです。

カート最高峰のクラスで走ると、体にかかる負荷がとても大きいです。

心拍数が200近くまで上がります。

体が限界レベルまで持っていけます。

17.jpg
このデータはスーパーGT第2戦富士の第1スティントのデータです。

GT500で体にかかってる負荷は非常に高いです。

フィジカル面もメンタル面も、スーパーGTで体にかかる負荷をカートで再現することできます。

狙い通り、スーパーGT第4戦富士に向けて良い準備ができてます。

18.jpg
レース後の表彰式です。

ゲストドライバーの中でトップだったので、この豪華な道具をいただきました。

ありがとうございました。

19.jpg
そして、イベントのスポンサーであるMOTULさんからのこのキュートな乗り物が展示されました。

サーキットに来てくれた子供達に大人気でした。。

レースウィークで頑張ってくれたチームスタッフの皆さん、ありがとうございました。

そして、応援に来てくれたファンの皆さん、ありがとう!!

カテゴリー

2022年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

投稿者一覧

富士スピードウェイの
最新情報をゲットしよう!