チェカのレース紹介
ツーリングカーレースとは
続きましては、街中を走るクルマをベースに数々の改造を施し、レーシングマシンへと生まれ変わらせたツーリングカーのご紹介。
自分の乗っているクルマがサーキットを走る姿には、やっぱ応援にも気合が入るってわけで、目下、国内で高いの人気を誇るSUPER GTを頂点に、いくつかのクラスでレースが行われています。
その他に海外のレースも紹介しますね。

ツーリングカーレース

SUPER GT スーパー耐久 富士チャンピオンレース

その他

ワンメイクレース ナンバー付き ドリフト競技

海外のレース

インディーカー NASCAR(ナスカー) FIA World Endurance Championship(世界耐久選手権)

SUPER GT

ニッサン、ホンダ、トヨタが三つ巴のガチンコレースを繰り広げているSUPER GT。とても人気のあるレースなんだよ。
馬力を500馬力までとするGT500と、300馬力までとするGT300でクラス分けされていて、大小入り乱れて走る様は圧巻!前戦でいい成績を残すと、次戦で車重を重くしなければならないハンデが課せられ、さまざまな車に勝つチャンスがあるのも魅力のひとつかも。
予選も上位10台が1台ずつ1周回の1発勝負で行われ、ファンを魅了!観客に魅せるという部分を重視し、ピットウォーク、キッズウォークなどすぐ近くでマシンやドライバーに接する機会が多いのも特徴だね。

pagetop
スーパー耐久

市販車ベースの車を改造し行われるレースのひとつ。
ベース車両の特徴が消えない程度の小さな範囲の改造しか許されていないため、マシンのベーシックなポテンシャルがもろに影響する面白さがあるんです。
さらに、耐久というだけに国内で唯一の「24時間レース」なども行われるため、マシンの耐久性とドライバーの体力の限界に挑む姿が感動を呼ぶんだね。出場チームにプライベーターが多いから応援にも熱が入ってます!

pagetop
富士チャンピオンレース

各サーキットで色々なレースが行われているけど、富士スピードウェイの名物はこの富士チャン。
様々なカテゴリーがあるんだけど、改造範囲が制限されてるから個人でも勝てる要素が満載なのだ。デミオ、スターレットからレビン・トレノまで多種多様なクルマが14のクラス分けの中でレースを戦っていて、ここを経験してトップドライバーへ移行していく人もいるほどレベルが高いっ! できるだけイコールコンディションになるようにレギュレーションが設定されているため、レースは最初から最後まで混戦、サイドbyサイド、とにかく熱い!それに日頃からFSWを走りこんでいるドライバー同士だから、よき友でありよきライバルなわけ。
もしかしたら、FSWを走らせたら世界で1番速いドライバーがこの中にいるのかも?!
>> 富士チャンピオンレースについてはこちら

pagetop
ワンメイクレース

ヴィッツ・マーチ・シビック・ロードスター・ポルシェなど、1種類の車だけで争われるレースです。気軽にできる入門レースとして、大人の素敵な趣味として。
レースが好きな人たちが集まって、イコールコンディションの中、コースのいたるところでサイドbyサイドの攻防を繰り広げるんです。FSWで45台のヴィッツが1コーナーに入っていく様子は壮観!
富士チャンピオンレースの中にも、さまざまなワンメイクレースがあるので、興味のある方は是非調べてみてくださいね。

pagetop
ナンバー付き

ナンバープレートが付いているクルマでも参加できるレースがあるのを知ってる?そう、つまりはみんなが乗ってるそのクルマでレースができちゃうわけ。
自分のクルマでやってきて、そのままレースに出場して、終わったらそのままクルマで帰る。その気軽さはレース界最強でしょう。

pagetop
ドリフト競技

他のレースの世界がスピードスケートなら、こちらはフィギュアスケートにあたる、日本独自のプロ競技。3つから4つのコーナー(カーブ)を使って、車を横滑りさせながらスピードの速さや姿勢の美しさを競います。
観客をあっと言わせたドライバーに勝利がころがりこむ、独特の採点システムを採用しているんだ。最近はアメリカやヨーロッパでも観衆の度肝を抜き、確実に世界的競技に発展している模様です。

pagetop
インディカー

厳密には違うけど、わかりやすく言うと、アメリカ版のフォーミュラカーレース。
ちなみにアメリカでの呼び方はオープンホイールです。インディアナポリス500(インディ500)に代表されるその特徴は、オーバルコース(楕円の形をしたコース)で行われるレースが多いってこと。
平均速度300km/hで繰り広げられるスリップストリーム合戦は抜きつ抜かれつを繰り返し、順位が目まぐるしく変わるだけじゃなく、クラッシュも多いのでレース自体派手な印象があるかもね。そこがアメリカ的なところかな。

pagetop
NASCAR(ナスカー)

これまたアメリカ版のツーリングカーレース。
呼ばれ方はストックカーレースで、やはりこちらもオーバルコース(楕円の形をしたコース)で行われることが多いんだ。日本でいうツーリングカーレースやピックアップトラックをベースとしたレースなど、いくつかのカテゴリー分けがあります。
年間を通して36戦行われ、1位になれば180ポイント獲得出来る独自のポイントシステムも斬新だよね。
アメリカでは、絶大な人気を誇り、その人気はF1やインディーを凌ぐほど!

pagetop
FIA World Endurance Championship(世界耐久選手権)

FIA WECは2012年、FIA(世界自動車連盟)がル・マン24時間耐久レースを主催するACO(フランス西部自動車クラブ)と協力してF1、WRC、WTCC、FIA-GTに次いで新たにスタートさせた世界選手権です。

正式名称はFIA World Endurance Championship(世界耐久選手権)で、日本では通称WEC(ウェック)と呼ぶファンも多い。これは1982年から88年までWEC in JAPANとしてグループCカーなどスポーツプロトタイプカーの世界選手権を日本でも開催していて、当時は通称で“ウェック”と呼んでいた流れから来たものなんだ。ちなみに日本以外では「ダブリュー・イー・シー」と呼ぶので外国人に “ウェック”と言っても通じませんのでご注意を。

今年で4シーズン目となる日本ラウンドは富士スピードウェイ。
>> 詳しくはこちらをチェック

pagetop