INFORMATION

2017/09/03

RACE

2017:09:03:20:52:30

【FSWインフォメーション No.I-26】スーパー耐久シリーズ 2017 第5戦 富士 SUPER TEC YOKOHAMA SUMMER FESTIVAL!! 開催結果

富士スピードウェイは、9月2日(土)・3日(日)にスーパー耐久シリーズ 2017 第5戦 富士
SUPER TEC YOKOHAMA SUMMER FESTIVAL!!を開催し、延べ23,100人(※)のお客様にご来場いただきました。(※2日予選日:10,100人/曇りのち晴れ、3日決勝日:13,000人/晴れのち曇り)

シリーズ最長の10時間で行われた決勝レースでは、ST-Xクラスで、ARN Ferrari 488 GT3 (#8)の永井宏明選手/佐々木孝太選手/銘苅翼選手組が335周(走行距離約1,528km)を走破し優勝しました。
また、ST-TCRクラスではRacingline PERFORMANCE GOLF TCR (#10)、ST-1クラスではNissoku Porsche991GT3 Cup(#31)、ST-2クラスではDAMD MOTUL ED WRX STI (#59)、ST-3クラスではDENSO Le Beausset RC350 (#62)、ST-4クラスではTOM’S SPIRIT 86 (#86)、ST-5クラスではDXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D (#37)がそれぞれ優勝しました。

なお、本大会が終了した時点でST-1クラスのNissoku Porsche991GT3 Cup(#31) 、ST-2クラスのDAMD MOTUL ED WRX STI(#59)、ST-4クラスのTOM’S SPIRIT 86(#86)、ST-5クラスの村上モータースMAZDAロードスターND(#88)が各クラスのシリーズチャンピオンを決めました。

イベント広場では、NAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)に加盟しているパーツメーカーによるNAPAC加盟店ブースの出展や、高所作業車などに搭乗できる「アクティオ働くクルマ体験」が実施されたほか、キッズエリアでは、子供たちがスーパーボールすくい、輪投げ、射的などを楽しんでいました。
また、メインステージでは、「D’station フレッシュエンジェルズ」や富士スピードウェイイメージガール「クレインズ」をはじめ、各チームのレースクイーンによるライブステージなどが実施され、会場を盛り上げました。

  • 【開催日】2017年9月 2日~2017年9月 3日

PAGE TOP