次回レース情報

大会名称

  • 2018 富士チャンピオンレース第4戦

開催日

2018年10月6日(土) 2018年10月7日(日)

開催レース

2018年10月6日(土) 2018年10月7日(日)

WAKO'S スーパーカート富士シリーズ 第3戦 予選・決勝
FCR-VITA 第3戦 予選・決勝
インタープロトシリーズ 予選
インタープロト ジェントルマン 第5戦 決勝
CARGUY SUPERCAR RACE 予選・第3戦決勝
SUPER FJ 第3戦 予選・決勝
TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race関東シリーズ 第4戦 予選

TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race関東シリーズ 第4戦 決勝
KYOJO CUP 第3戦 予選・決勝
インタープロト ジェントルマン 第6戦 決勝
インタープロト プロ 第5戦、第6戦 決勝
CARGUY SUPERCAR RACE 第4戦 決勝

CARGUY SUPER CAR RACE

SCR1.JPG SCR2.JPG

2014年にレーシングドライバー竹内浩典氏によって立ち上げられたシリーズ。
クラスはサーキット専用のプレミアムカー対象のPクラスを筆頭に、FIA-GT3を対象としたGT3クラス、
ポルシェ911 GT3 CUP(997後期~991)やフェラーリ458チャレンジ、ランボルギーニスーパートロフェオ等のカップカーを対象とし、
年式別にCUP 1クラス、CUP 2クラス、近年ヨーロッパで注目を集めているFIA GT-4や、スーパー耐久等でお馴染みの      
JAF N1規定に準じた車両を対象としたGT4/N1クラスの5クラスで争われる。

WAKO'S SUPER KART

s-KART.jpg s-KART1.jpg

SUPER KART
国際レーシングコースを舞台に、4つのクラスで行われる。
3ワイド、4ワイドは当たり前、迫力のレース展開は必見です。

Super FJ

s-S-FJ.jpg s-S-FJ 2.jpg s-S-FJ 3.jpg

スーパーFJは、1980年にスタートしたFJ1600の後継カテゴリーとして、2007年より多くの国内主要サーキットで開催されている。
FJ1600には無かったウイングがついたことにより、初歩的な空力を学べると共に安全性が向上した。
日本のフォーミュラカーの入門カテゴリーとして、F4やF3へステップアップしていく手段となっている。
エンジンは約120馬力を発生するホンダ製L15Aエンジン、ミッションは戸田レーシング製5速ミッションを搭載し、最低重量はドライバーを含め495㎏と定められている。

TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race

Vitz_1.JPG Vitz_2.JPG Vitz_3.JPG

2000年に日本初のJAF公認ナンバー付車両によるワンメイクレースとしてスタートし、全国で300戦以上開催された歴史あるシリーズ。
多額の費用をかけたマシンを改造や多くのスポンサー、メカニックを揃える必要がなく、気軽に楽しむことができるレースとなっている。

FCR-VITA

s-VITA-2.jpg VITA.JPG VITA-2.JPG

FCR-VITA
ウエストレーシングカーズ製ボディにVitz用のエンジンとトランスミッションを搭載した、本格的なレーシングカーで行われるレース。

Inter Proto Series/CCS-R

s-IPS.jpg s-IPS3.jpg s-CCSR.jpg

Inter Proto
日本レース界のレジェンド関谷正徳によって2013年に立ち上げられたシリーズ。
特徴としては、プロとジェントルマンがマシンをシェアし競われる。
競技に使用される車両「kuruma」は、カーボンモノコックとパイプフレームによるハイブリッド構造の専用設計シャシーに、
トヨタ製3,950cc/V6エンジンを搭載した国産レーシングカーで、複雑な電子制御や空力がを搭載せず、ドライバーの繊細なマシンコントロールで勝敗が決まる。
CCS-R
レクサスISFのサーキット専用仕様CCS-R(サーキットクラブスポーツ-レーサー)で行われるレース。
こちらのレースもインタープロト同様プロ/ジェントルマンでマシンをシェアし行われる。

KYOJO CUP

s-KYOJO.jpg s-KYOJO2.jpg s-KYOJO3.jpg

KYOJO CUP
プロレーサーを目指す女性にスポットを当て、2017年よりスタートした世界初、女性のみが参加できるレースシリーズ。
使用される車両はFCR-VITAと同様、ウェストレーシングカーズ社製レーシングカー「VITA-01」。

入場料

開催日 6日(土)東ゲート 7:30 OPEN
7日(日)東ゲート 6:30 OPEN
レストランORIZURU CLOSE(閉店)
入場料
当日ゲートにて
お支払いください。
前売り券の販売は
ございません。
6日(土)
大人:1,000円
JAF会員証・ゴールド免許証・SDカード提示:900円
高校生:700円
中学生以下無料(保護者同伴に限る)
FISCOライセンス会員・ FISCOクラブ会員:無料
7日(日)
大人(高校生以上):2,000円
中学生以下無料(保護者同伴に限る)
FISCOライセンス会員・ FISCOクラブ会員:無料
地元小山町、御殿場市、裾野市に在住・在勤・在学の方や、保護者同伴の中学生以下は両日無料でご入場できます。
その他対象レース一覧

※パドックフリーとなっていますのでパドック内も上記の料金でご入場できます。(一部規制がございます)
駐車料金 無料
場内の空いている駐車場をご利用ください。
(パドック内は規制されます。競技エリアには駐車はできませんので、ご了承ください。)

イベント情報

グリッドウォーク
 競争女子 7日(日) 12:00~12:10
 インタープロト 7日(日) 13:05~13:15
 いずれも入場料のみでご参加頂けます。

GridWalk

アクセス

※御殿場駅、小田急新松田駅・開成駅からの臨時バスは運行いたしません。

・富士急行バス
 [御殿場駅~富士スピードウェイ(244上野線・25冨士霊園線)]
 [駿河小山駅~富士スピードウェイ(冨士霊園線)]

レースリザルト

富士チャンピオンレースに関するお問い合わせ

富士スピードウェイ株式会社 レース事業部レース事業課

スパムメール対策のため、*を@に変更してお送りください。

PAGE TOP