レースに出場しよう!

サーキット走行に慣れてきたら、次はレースに挑戦してみよう!

レースに出るには、競技ライセンスが必須。
競技ライセンスとは、JAF(4輪)より発行される競技運転者許可証のことです。
公認のレースに出場するために必要なパスポートのようなものかな。
ここでは、その取得方法を説明していきます。


国内Bライセンス

まず、ここからスタート!モータースポーツを安全に始める為の基本的ルールを学ぶ講習を受けます。

しかし、ここではまだレースには参加できません。

Bライセンス取得にはいくつかの条件があります。
詳細はこちらの「 JAF公式サイト」をご確認ください。

国内Aライセンス

国内Aライセンス講習会を受講し、試験を受けて合格すれば国内Aライセンスを取得することができますが、講習会の受講前 24ヶ月以内に下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

1 有効な国内Bライセンスをお持ちの方:
a) ラリー、ジムカーナ、ダートトライアル、サーキットトライアル等に1回以上出場し、完走すること。
b) 公認サーキット毎に定められたスポーツ走行の経験が25分以上あり、公認サーキットからその証明を受けられること。
2 国内Bライセンスをお持ちでない方:
公認サーキット毎に定められたスポーツ走行の経験が50分以上あり、公認サーキットからその証明を受けられること。

Aライセンスの講習日の午前中にジムカーナを実施している公認団体(スピード行事を主催できる公認クラブなど)もあります。
講習の内容は、レースの流れ、車両の規則、レース時に起こるトラブルの対処法、心構えなどです。
また、講習後は筆記試験、実技試験があります。

ライセンスの参加資格としては、準国内・国内格式のレースに出場可能です。

Aライセンス受講までにスピード行事の参加が必須です。
詳細はこちらの「 JAF公式サイト」をご確認ください。


その後、国際C・国際B・国際A・スーパーライセンスとステップアップしますが、
結果を出し、条件をクリアしなくてはならないサバイバルな世界です。
運と実力の両方を味方につけて、上を目指しましょう!

PAGE TOP