カテゴリー

2017年6月28日

日本一速いレーシングカー&ドライバーの戦いを是非、観に来て下さい!!7月8日/9日!スーパーフォーミュラRd3

よく考えてみると、いま一番日本で速いレーシングカーは、

スーパーフォーミュラSF14ですよね!!

今年も7月8日(予選)9日(決勝)に、

スーパーフォーミュラRd3富士スピードウェイ大会が開催されます。

僕も今年は、ピットレポーターとして東さんと一緒に、

会場の皆さんや、テレビ観戦の皆さんに、

緊迫感をより伝わりやすくお仕事をしています。

01.jpg

レース後の優勝者インタビューは、とても不思議な感じはしますが(汗)

それにしても今年も!Rd2までレースを見ていても、大接戦!!!

毎戦優勝者が変わるという事で!GTだとウエイトハンディなどあり、

ずっと勝ち続ける事は、出来ませんが、スーパーフォーミュラは、

勝ってもウエイトハンディが無いため、強いチームが勝ち続ける事が出来ますが、

去年、今年に入ってほぼ優勝者が入れ替わるというのは、ある意味接戦だからです。

02.jpg

しかも今年は、GP2チャンピオンのピエール・ガスリー選手がレッドブルカラーで参戦

03.jpg

このマシン、近くでみてもとても格好いいです!

そしてその足を支えるのは、YOKOHAMAタイヤ

ピット裏に行くと、各チームがタイヤを太陽の熱で温めていますが、

各チームによって温め方が異なる事もあるので、

パドックパスをお持ちの方は、そういった所も見ると面白いですよ

04.jpg

いかに、タイヤを太陽の熱で温めて、

ピットアウトしたときにタイヤのウォームアップ良くするのか!

05.jpg

細かい事ですが、各チーム色々と勝つ為に、工夫をしているのがよく解ります。

ピット戦略も、250キロの富士スピードウェイ大会では、

色々と作戦を分けるチームも

06.jpg

そして熟成されてきたSF14ですが

07.jpg

富士スピードウェイでは、ストレートスピードで300キロ越え!!!

ですが、富士スピードウェイのコースの特徴で、

ストレート重視のウイングにするのか、

コーナー重視のウイングにするのか、

そういった所も、ピットウォークで各チームのウイングの角度を見るのも、

楽しみの一つだと思います。

08.jpg

今年の冬のテストでは、このトムス勢が速かったですが、

はたして今大会は、どうなるでしょうね!!

去年も発売されていた、ドライバーズアイですが、

レース観戦した後に、オンボード映像でスタート、混乱シーンを見る事が出来ます。

09.jpg

まずは、ボリューム1が完成しましたが、

今回、僕が提案して岡山Rdの見えない戦いを2画面で比較したのもあります

10.jpg

とても僅差の戦いでだれが抜け出すのか!!

ある意味、僕も予想が出来ない程、誰が勝っておかしくないからこそ、

見ている方は、とても面白いと思いますし、

次チェカが頑張っているピットレポーターの姿も是非、観に来て頂きたいです(笑)

それにしても、最近のSF14速いですよね!僕もKCMGチームから

11.jpg

テストに参加させて頂きました

12.jpg

この時、始めは目が付いていかない程!!

13.jpg

そしてトムスチームからも

14.jpg

この時は、どこまでブレーキングで突っ込めるマシンなのだ!!

15.jpg

とても良い経験をさせて頂きました。

16.jpg

僕の最後のフォーミュラレースは2013年

3位表彰台でしたがこの時、国本選手がトップ!!

いまやディフェンディングチャンピオンですからね~!!

今年、富士スピードウェイ50周年イベントでは、

僕のフォーミュラーでのチャンピオンマシンも展示されました

17.jpg

いつか、スーパーフォーミュラの大会の時に、

デモ走行とかやりたいな~

18.jpg

この時、6戦連続ポールポジション、シーズン5勝!!!

今のスーパーフォーミュラでは、

ここまで逃げ切る事は、かなり難しいでしょうね!!!!

という事で、今でも根っからのフォーミュラファンの僕ですが、

そんな方、7月8日/9日、富士スピードウェイでお待ちしております!!!

皆さん、観に来て下さいね!!!

カテゴリー

2018年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

投稿者一覧

富士スピードウェイの
最新情報をゲットしよう!