レーシングコースレーシングコース

新たな歴史を刻んだ、富士スピードウェイレーシングコース新たな歴史を刻んだ、富士スピードウェイレーシングコース

全長4,563mの国際レース対応「グレード1取得」サーキットに生まれ変わったレーシングコース。ハイスピードなレースが繰り広げられる約1.5kmのメインストレートに加えて、高度なテクニカルコーナーを配置。平滑性を追求した路面、ランオフエリアの拡張など、安全面でも世界トップレベルを実現しました。モータースポーツの歴史に新たな1ページを刻み込む富士スピードウェイのレーシングコースを、ぜひご利用ください。

コースマップコースマップ

コースマップ

全長:4,563m ストレート長:1,475m コーナー数:16 コース幅:15~25m 標高:545m~585m

コースの写真(俯瞰)

富士スピードウェイは40年以上の歴史あるサーキットであり、天気の良い日には、北西に日本が誇る富士山が一望できる美しいサーキットです。

まずは、メインストレートからご紹介。ストレートの長さは1,475m!世界的に見ても、とても長いホームストレートが大きな見どころのひとつ。

最終のパナソニックコーナーからの立ち上がり次第で、最高速が大きく変わり、レース中のスリップストリームを使ったエキサイティングな追い越しを見ることができます。
TGRコーナー(第1コーナー)は、メインストレートのスピードが乗った状態からのフルブレーキングによる進入が勝負所に!

急角度で10%勾配のTGRコーナー(第1コーナー)を下りながら抜け、緩い第2コーナーをフル加速しながらコカコーラコーナーへ向かいます。

コカコーラコーナーは出口が上りになっていてターン出口の外側が見づらいので、アクセルを入れるタイミングが難しい場所です。

コカコーラコーナーから第5コーナーまでは中高速のトヨペット100Rコーナー。トヨペット100Rコーナー出口まで左側に遠心力(横G)が発生した状態のまま、左のアドバンコーナーへブレーキングしながらのアプローチを行うため、モーメントが左側から右側へ変わりつつブレーキングを行うという車の姿勢にとても厳しいコーナーです。

アドバンコーナーから複合コーナーの300Rまで駆け抜けます!このとき、セッティング次第でダンロップコーナー手前の速度に大きな影響を及ぼします。
ちなみにこの場所がコースレイアウトの中で一番標高が低い位置になります。ここからメインストレートまでの高低差約35mのテクニカルセッションを一気に駆け上がっていきます。

シケイン形状のダンロップコーナーを越え、第13コーナーからプリウスコーナーの区間は、他のハイスピードエリアとは大きく異なりアクセルを踏みたいと思う心をコントロールしながらアクセルコントロールが必要になってきます。
この区間は、リズムをとって走ることが難しく、またカーセッティングも他のハイスピードエリアとはバランスが違うため、ドライバーもチームも、カーセッティングのチョイスで迷う部分でもあります。

そして最終ターンのパナソニックコーナーです。冒頭の話に戻りますが、ここの脱出速度が、ホームストレートの最高速に大きく影響するため丁寧で最短のライントレースが要求されます。

コーナー名にマウスオンすると、画像が切り替わります

pagetop

コース概要コース概要

コース全長 4,563m
4,526m(ショートカットコース)
全幅 15m ~ 25m
コーナー数 16(左コーナー:6、右コーナー:10)
直線数 8(最長1,475m)
勾配 最大下り10.05%/最大上り8.88%
グランドスタンド 22,288席
第1コーナー
グランドスタンド
2,200席
ピットビルA 7m×22m×34庫(37,000m2)
ピットビルB 7m×11m×11庫(18,200m2)
メディアセンター 500名収容
pagetop

オンボード映像オンボード映像

YouTube Preview Image
pagetop

レーシングコースを様々な用途にご利用くださいレーシングコースを様々な用途にご利用ください

「試乗会」、「発表会」の開催
モータースポーツのイメージ溢れるサーキットでの試乗会、発表会の開催は、ご招待のお客様に強い印象を与えることができます。

各種イベントの開催
カート大会、自転車競技、マラソン大会から、音楽コンサート、テレビや映画撮影など、お気軽にご相談ください。

「テスト」の実施
ニューマシンのシェイクダウン。商品開発に向けた実走テストなど、貸し切りの「専有走行」ではコースを独占して車両のチェック、習熟走行、データ計測が行えます。

「走行会」の開催
仲間が集まってレーシングコース走行を楽しむ。憧れのレーシングカーが走ったコースを自分自身で走る。メーカーやディーラー、クラブ主催など、「走行会」は実に様々な形で開催されています。

「研修会」の開催
高度に進化した車の技術をお客様にアピールするには、体験走行で製品知識を習得することが一番。レーシングコースはそういった「研修会」に最適です。また、ピットやピットビルの各室を利用すれば、「研修」と「実地体験」を一度に開催できます。

pagetop
COPYRIGHT (c) FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY CO., LTD.